私は今妊娠16週目の妊婦です。
実は思いがけない妊娠で、最初は中絶しようと思っていました。
「きっとこの子を誰も望んでいない」そう思っていたからです。
しかし家族と主人が「産みたいんなら産みなさい」と背中を押してくれたおかげで、今があります。

1人で家事をする毎日は少し寂しくもあります。
ですが家事の合間にふくらんできたお腹を触ると「一人じゃないんだなあ」と嬉しくなります。
また母や姉はたまに電話をくれて「お腹どう?男の子かな?女の子かな?」と、赤ちゃんのことを気にしてくれます。
主人は家に帰ってくると、まだ動かない私のお腹を触りながら「元気かー?もう寝たかー?」と話しかけています。
そのあとは名前はどうしようかとか、なにを買いそろえておこうかとか、ずっと赤ちゃんの話ばかりしています。
意見が割れることも多々ありますが、それはそれで楽しみの一つです。

こんなふうに誰かが「赤ちゃんのことを楽しみにしてくれている」と感じることが、今の私の幸せです!
もちろん赤ちゃんがお腹にいること自体も幸せですが、「誰もこの子を望んでいない」と思っていた私にとっては
赤ちゃんの誕生を楽しみにしてもらえることが一番幸せに感じます。
赤ちゃんの存在が、私を幸せにしてくれています。私を選んでくれた赤ちゃんにも、背中を押してくれた家族と主人にも
感謝の気持ちでいっぱいです。いつまでもこの幸せな気持ちを忘れずに、母として妻として生きていきたいものです。
脱毛石鹸『自宅で手軽にツルスベ肌?本当の口コミと効果は?』

自分に向いてるとか、向いてないとか、休日にも出勤しないとイケナイ職場かどうかだなんて、
全然、考える余裕もなく、とにかく働いて稼がないと、今のままの収入だと子供の教育費が出せないよと転職したばかりの頃でした。

それまでの仕事とは分野が違って、私のスキルは全くの役立たずでした。

すみません、わからないので教えてください。

メモ帳を常にポケットに入れてて、先輩方の手が空いた瞬間を見計らって質問して、メモを取るのを繰り返しながら、少しづつ仕事を覚えていた時です。
家庭の事情が急に変わったからと、若い女の子が一人、突然辞めて行きました。

へー。
もう、来ないんだ。

なんて軽く聞き流していたら上司が現れて言いました。

あの子の担当してた仕事もやってね!

今でも、慣れない仕事を覚えるのに精一杯で、これ以上は絶対無理ぃっ!!

内心そう思ってたのに、両方こなせたら、給料が上がるかも。
そんな考えも浮かんで、申し送りのひとつもないまま、いきなり倍以上に増えた仕事に追われてました。

新しく持たされた仕事の、出入りの業者のセールスの男の子が

大丈夫、全面的にサポートしてあげる。
ミスって足りない品があったらいつでも携帯してくれたら手配しますよ。

と、言ってくれ、本当に助けてもらいまくりました。

数ヶ月後、その男の子が私に言いました。

最初見たときから、気になって仕方なかったんだ。
タイプなんで、付き合ってくれたら嬉しいな。

その時は、家庭があるからと、お断りしてしまいましたが、元々、旦那とは不仲だったのでじきに離婚しました。
その後に、

フリーになったけど、今からでも遅くない?

と、今度は私から告って付き合うことなりました。